昭和24年
県、各市町で計画的な舗装工事発注始まる
官民一体での舗装技術の研究会づくりの気運高まる
昭和25年3月
路舗装要綱制定
4月
発起人7人で静岡県道路舗装研究会設立
関谷金一氏が幹事長に就任
昭和27年2月
会長制となり関谷氏が初代会長就任
昭和28年4月
日米行政協定道路第1次事業開始
昭和29年4月
県下初の400ヤードプラント新製品設置
11月
建設機械抵当法が設立し、舗装機械も融資対象に
昭和31年5月
関谷会長辞任
会長未定のまま副会長2人態勢で運営
昭和33年4月
2代目会長に山崎彦策氏が就任
9月
静岡県道路舗装工事共同企業体連合会設立
コンクリートからアスファルト舗装に移行
昭和34年
プラント全自動式になる
昭和36年5月
3代目会長に中村四市氏が就任
昭和38年7月
建設大臣から優良団体として表彰
昭和41年4月
4代目会長に中村丑太郎氏が就任
昭和43年6月
瓜生公一氏がアスファルト舗装機械を改良して県知事賞を受賞
昭和44年11月
創立20周年記念式典を県建設会館で開く
昭和45年5月
5代目会長に北沢英一氏が就任
8月
県土木部が長期道路整備計画打ち出す
昭和48年11月
オイルショックで工事施工困難に
12月
資材高騰で緊急臨時大会開く
昭和49年6月
井出重信氏が6代目会長に就任
11月
創立25周年記念式典を県建設会館で開く
昭和50年4月
研究会は県建設業協会の活動に一本化され「道路舗装部に」
昭和51年8月
中村進氏が部会長就任
昭和52年4月
インドネシアに道路視察
昭和54年5月
創立30周年記念式典をクーポール会館で開く
11月
本四連絡橋の向島大橋、大三島橋現場視察
昭和55年1月
修善寺下田線災害復旧のループ橋工事現場視察
昭和57年3月
部会解散を決議
昭和59年6月
中部舗装工業会静岡県支部設立総会
会長に宮城島光二氏が就任
昭和61年9月
国道1号BP丸子トンネル現場見学
10月
韓国・五輪会場など視察研修
平成2年6月
タイへ海外現場道路視察
平成3年4月
都田地区テクノポリス事業現場県G無く
10月
静岡競輪場走路改築工事現場見学
平成5年3月
中部舗装工業会静岡県支部解散
4月
静岡県道路舗装協会発足、宮城島氏が会長に
11月
横浜みなとみらい21地区現場視察
平成7年7月
上信越自動車道須坂舗装工事現場見学
平成8年11月
ベトナムに海外建設現場視察
平成9年4月
創立50周年記念式典開催、石川嘉延県知事が記念講演
国道1号静清BPが全線開通
平成11年6月
役員、静岡県土木部長と懇談
8月
県検査基準等改訂に伴う技術講習会
9月
技術研修会・県内現場研修会(富士山「こどもの国」施設内舗装)
平成12年7月
県との技術検討会
8月
静岡県土木部長と懇談
9月
講習会・県内現場研修会(大井川町陸上競技場整備工事)
建設リサイクル法公布
平成13年6月
石川嘉延静岡県知事との意見交換会
9月
講習会・県内現場研修会(しずおか国際園芸博覧会会場)
1月
県土木部との技術検討会
国土交通省が発足 公共工事入札契約適正化法施行
平成14年7月
静岡県土木部道路保全室との技術懇談会
11月
研修会・現場見学会(沢地川橋上部工工事)
長島ダム完成
平成15年7月
静岡県土木部技術管理室及び道路保全室との技術懇談会
国土交通省中部地方整備局との意見交換会
11月
中部国際空港建設現場見学会
静岡、清水市が合併し新「静岡市」
静岡県土木部が総合評価落札方式を導入
官製談合防止法施行
平成16年9月
技術研修会
11月
県当局との技術懇談会
平成17年6月
現場研修会及び技術研修会(東富士ダム斜面舗装工事)
10月
静岡県道路保全室との意見交換会
静岡市が政令指定都市に 公共工事品確法施行
平成18年6月
県下3地区で3団体技術者交流会
9月
県土木部との意見交換会
10月
技術研修会・現場見学会(富士スピードウェイ舗装工事)
平成19年6月
技術発表会
県下3地区で3団体技術者交流会
11月
静岡国道事務所、静岡県建設部と懇談会
浜松市土木部と意見交換会
浜松市が政令指定都市に
平成20年4月
平成20年度通常総会
竹村寧副会長が新会長就任
5月
三団体技術者協議会技術交流会(富士山静岡空港滑走路舗装現
7月
技術発表会
11月
浜松市土木部と意見交換会
国土形成計画闇議決定
サブプライムローン破綻
平成21年6月
静岡県建設部と技術懇談会
9月
技術発表会
現場研修会(第2東名高速道路大久保高架舗装現場など)
11月
浜松市土木部と意見交換
富士山静岡空港開港 川勝平太新知事誕生 浜名湖立体博